池尻稲荷神社
Ikejiri Inari Jinja

  • 池尻稲荷神社
  • 池尻稲荷神社
  • 池尻稲荷神社

「火伏せの稲荷」、「子育ての稲荷」として霊験あらたかと伝えられている神社

池尻稲荷神社は、今から約350年前(江戸時代初期)に旧池尻村・池沢村の産土神(うぶすながみ)として創建されました。

ご祭神は古くから「子育ての稲荷」、「火伏せの稲荷」として霊験あらたかと伝えられています。

  • 池尻稲荷神社
    江戸時代に大山詣(現神奈川)に出かけた人々が、その道中にあった池尻稲荷神社で旅の無事を願い、大変賑わっていたといいます。
  • 池尻稲荷神社
    また、神社の境内には水神社や清姫稲荷神社の水にまつわる2つの神社も祀られております。
  • 池尻稲荷神社
    神社境内にある井戸は古くから「薬水の井戸」として、病にかかったときに飲むと治ると言い伝えられています。
  • 池尻稲荷神社
    大正時代には渇水の年があり、付近の井戸はすべて枯渇している中、池尻稲荷神社の境内にあった井戸だけは涸れることがなかったといいます。
    現在もその井戸は涸れておらず、手水舎に引かれ「涸れずの井戸」とされています。

会場概要

タイプ
神社
この会場はここが魅力!
「火伏せの稲荷」、「子育ての稲荷」
住所
〒154-0001 東京都世田谷区池尻 2-34-15
アクセス
東急田園都市線 「池尻大橋駅南口」徒歩5分
MAP