池尻稲荷神社
Ikejiri Inari Jinja

「火伏せの稲荷」、「子育ての稲荷」として霊験あらたかと伝えられている神社

選ばれる3つの理由

  • 江戸時代から続く歴史

  • 境内の二つの神社

  • 涸れずの井戸

Point.1

江戸時代に大山詣(現神奈川)に出かけた人々が、その道中にあった池尻稲荷神社で旅の無事を願い、大変賑わっていたといいます。

Point.2

また、神社の境内には水神社や清姫稲荷神社の水にまつわる2つの神社も祀られております。

Point.3

大正時代には渇水の年があり、付近の井戸はすべて枯渇している中、池尻稲荷神社の境内にあった井戸だけは涸れることがなかったといいます。
現在もその井戸は涸れておらず、手水舎に引かれ「涸れずの井戸」とされています。

ギャラリー

hall_overvew

住所

〒154-0001 東京都世田谷区池尻 2-34-15

アクセス

東急田園都市線 「池尻大橋駅南口」徒歩5分

その他の会場を見る

  • 乃木神社
    Nogi jinja

    乃木坂駅より徒歩1分。93名まで列席可能な風渡る開放的な社殿で雅楽の生演奏や、都心とは思えない緑と青空に祝福される神前式。

  • 湯島天満宮
    Yushima Tenmangu

    家族が始まり、そして繋がっていく。
    最初の一歩に湯島天満宮。

  • 築地本願寺
    tsukijihongwanji

    独特な建造美の築地本願寺で、特別な神前式を。

  • 浅草神社
    Asakusa Jinja

    伝統が息づく浅草の町、
    今もなお「三社さま」として親しまれている浅草神社で、
    人気の神社結婚式はいかがでしょうか。

> サロンへのアクセスを見る