竹村江保|Takemura Mizuho

竹村江保
Takemura Mizuho

これからもたくさんの人と幸せに過ごしていただきたいから。

私のプランナーとしてのスタンスの勉強になった結婚式についてお話しさせて頂きます。
初めてお会いした時からずっと満開の笑顔を咲かせながらお話をされていて、とても印象的なおふたりでした。会場と日時が決まり、お打合せを進めていたのですが、準備をする度にお互いを尊重し人を大切にされていると感じ、とても素敵なおふたりでした。お打合せではプランナーがする宿題と新郎新婦様がする宿題が出てきます。この宿題の提出でしたり、演出の提案だったり、どちらかがアイディアを出して行うではなく「おふたり」と「私」という対等な立場で考えて進められたので一緒に当日を迎えることができました。
当日の結婚式は大成功で、最後に新郎新婦様から頂いたお言葉の「竹村さんで良かった。」は忘れられません。この日を境に改めて「新郎新婦」+「プランナー」の結婚式ではなく「新郎新婦と私」でともに当日を迎えられるようなお手伝いをしたいとおもっています。

「結婚式」は新郎新婦にとって大切なお日にち。ですが、ご親族様やご友人樣などゲスト様方にとっても心からおふたりをお祝いしたい大切なお日にちでもあります。結婚式までは悩んだり選択をすることが多く、おふたりは衝突する事もあるかもしれません。ですが、新郎新婦樣が一生懸命準備した結婚式がおふたりにとっても、幸せな時間を一緒に過ごすゲスト様方にとっても、HAPPYであるように一緒に考えていくことを大切にしています。時には、おふたりのご希望に添えない時もあります。しかし、これからお互いのご家族が家族になり、お互いのご友人が友人となります。新郎新婦にこれからもたくさんの人と幸せに過ごしていただきたいからこそ、 私はおふたりと一緒に一番幸せな選択ができるように考えていきたいと思います。

一人一人違った結婚式への想いを私は受け止めます。

もちろんですが、一つとして同じ結婚式はありません。 新郎新婦が違えば結婚式も変わってきます。人と人とが出会って、沢山の軌跡の積み重ねに立ち会えることはとても感動的で、だからこそお手伝いをさせて頂く際は、新郎新婦様とそのゲスト様方を大切にしながら当日を迎えたいと思います。
初めてのことなので分からないこと、不安なことが沢山あると思います。 そして、結婚式に対する思いや憧れを叶えたい・叶えてあげたいなど期待でいっぱいだと思います。ですから、不安なことは全て私にぶつけてください。おふたりの不安が払拭できるようにご提案させて頂きます。 そしておふたりの事を教えてください。おふたりの思いをしっかりと形にできるように同じ思いを持ってお手伝いさせて頂きます。

何を想い結婚式をあげたいですか? 結婚式はおふたりにとって大切な一日です。立ち会われた皆様にとって大切な一日です。一人一人違った結婚式への想いを私は受け止めます。 おふたりがおじいちゃんおばあちゃんになっても、お互いに幸せそうなお顔で思い出話ができるような、そんな想いのこもった結婚式をお手伝いさせて頂きます。

> サロンへのアクセスを見る